2015 04/27 8:00
勉強のお供第3位は「するめいか」!? 自習中に食べると集中できるものベスト3
ニュニュモデル:加藤あおい
長時間勉強をしていると小腹が空いてしまうもの。また、頭を使うと、つい甘いものが食べたくなる…なんて人も多いはず。でもせっかくなら集中力を上げてくれるようなお供を知りたい! そんな人のために高校生のみんなに勉強のお供を調査しました!
1 チョコレート
もはや定番!? 1位はチョコレート」 
高いチョコを買って、自分へのご褒美にしてる!
(さやか・私立K高校3年)
頭を使うと甘いものが欲しくなるから! 1粒食べるだけで頭が回転する!
(田中椎菜・私立春日部共栄高校2年)
頭を使うとエネルギーを消費するもの。でもそんなときに甘いものを食べると、糖分に含まれるブドウ糖がエネルギーの元になってくれるんだとか。特にチョコレートはストレスを和らげたり、リラックス効果もあるので勉強のお供に最適! 
2 キシリトールガム
リフレッシュするならミント系? 「キシリトールガム」が2位に!
スカッと目が覚めてはかどる。頭が動くような気がするので勉強するときは毎回食べてます。
(いといとち・県立N高校1年)
ミントの匂いが集中できる感じがする。テストの日、朝の電車で勉強する時に食べます。
(唯の寺田ゆーき・私立K高校3年)
爽やかなペパーミントの香りは神経系と脳の活性化を助けるので、頭のリフレッシュにぴったり! 眠気を覚ます効果もあるので、眠くなったりぼんやりしてまうときには、一粒食べるだけで効果を実感できるんだとか。 
3 するめいか
「するめいか」が3位! 気になるその理由とは?
めっちゃよく噛むし、勉強しながら小顔にもなりそう!
(サエ・県立Y高校2年)
ガム同様、するめいかもよく噛んで食べるもの。繰り返し噛むという単純な動作には、意識を分散させない作用や記憶力を高めるがあるんだそう! 集中力もあがり、小顔効果も期待できるするめいかは一石二鳥。女子は早速取り入れてみては?
勉強のお供を決めて自習中に食べることを習慣にすれば、そのうち、そのお供を食べることで勉強モードに切り替えることができるようになるかも!? ただしどんなものでも食べ過ぎには注意! あくまでも勉強のお供として効果的に使いましょう。