2015 04/21 8:00
決め手は○○! 高校生が進学先で1番重視することベスト3
ニュニュモデル:久慈俊
高校3年生ともなれば、そろそろ卒業後の進学先について考えることも増えるはず。でも進学先ってどうやって決めたらいいんだろう? 自分の得意なこと、学びたいこと…。高校生は進学先を選ぶとき、何を優先するんだろう?
1 学びたい分野
知的好奇心に正直に! 1位は「学びたい分野」
好きなことじゃないと続けられない!
(Rina・私立S高校2年)
「自分のやりたいことを学べる環境が一番!」「タメになることをたくさん取り入れたい!」という声もあがりました。確かに苦手なことでする苦労よりも、好きなことでする苦労の方が頑張れそう! ただし、好きなことを好きで居続ける努力も必要かも。
2 ネームブランド
2位は「ネームブランド」 肩書きはやっぱり大事?
肩書きがいいと就職に有利だと聞いたから。
(かとう・私立N高校1年)
職に就いたときのため。
(asuna・県立T高校2年)
「名門大学に入れば、就活で有利」と、高校生ながら既に就活のことを考える人が多いみたい! とはいえ大切なのは、どこの大学に入るかよりも、そこで自分がどれだけ学べるか。それ次第では不利有利は関係なくなるかも!?
3 学びたい教授
誰から学ぶかが大事!? 「学びたい教授」が3位に!
自分の好きな、やりたいことが決まっているので、教わる先生もしっかりしている人から学びたい!
(かの・私立S高校2年)
自分の学びたいことが定まっている高校生にとっては、誰から学ぶかも大切。せっかく学ぶなら、少しでも多くの知識や経験を吸収したいですよね。入学してから「こんなはずじゃ…」となる前に、事前にどんな教授に教わるのかを調べておくのがおすすめ!
このほか少数派には「校舎はきれいなほうがいい」という意見も。誰しも入学してみないと進学先での生活はわからないし、入学してからやりたいことが見つかることもしばしば。案外自分にとって心地よさそうな進学先を選ぶのがいいのかも!