2016 08/26 19:00
自己流!ちかの勉強に行き詰まった時のリフレッシュ方法
皆さんこんにちは!パピガのちかです!

実は、今日 8/26でセンター試験までの残り日数が140日…あっという間ですね!
それに受験生の夏はもう終わろうとしています…
私は毎日憂鬱で仕方ありません。
皆さんも心身ともに疲労が溜まってしまっているのではないでしょうか(T_T)?
そんな受験生の方々に、自己流ではありますがリフレッシュ方法をランキング方式で紹介したいと思います!
それみた事あるよ!もうやってるよ!!
というものももしかしたらあるかもしれませんが、温かい目で見ていただけると嬉しいです!
第3位 教材を眺めて可愛さを見出す
何を言い出すの?と思った方、ちょっと、考えてみて下さい!!
私たちが今使っている教材たちは、これから約半年、またはそれ以上の期間、肌身離さずずっと一緒に過ごすわけです!
電車、学校、塾、家…。
ただの紙切れだと思って生活していても飽きてしまいますよね!?
飽きて!
そこで!!

いつもは何気なく使っている教材たちもよく見るとホラ!
かわいい〜〜かわいいね〜〜〜、癒される〜〜!!!
、、、、とこのようにやる気も回復するはずです!!是非!
第2位 手のツボを刺激する
第2位はツボ押しグッズを使ったリフレッシュです!
第3位とは打って変わり一気に実用的にしてみました!
写真の私が持っている木のかたまりのようなもの、これ実はお土産で頂いたツボ押しグッズなんです!
勉強で酷使した手でこのグッズをにぎにぎすると…本当にオススメです。
私は主に上半身のほぐれを感じますね!
肩こりのツボも手のひらや腕辺りにあるみたいなので、勉強している時に疲れがちな手や腕、肩などを休めるのにはピッタリなのではないかなと思います!
近場だと100・300円ショップ、ロフトなどでもツボ押しグッズは購入できると思うので、是非!!
第1位 お昼寝
第1位はなんとなんと、お昼寝です!
一眠りすると頭も冴えて新しい気持ちで勉強できるのでよく活用しています!
そんなお昼寝、簡単なことに見えて意外と注意点もあるみたいなんです!

まずは『時間』ですね!
お昼寝に適している時間って、一般的に15〜30分と言われています。
私も実際お昼寝をするときはMAX30分でそれ以上は寝ないようにしています。
寝すぎると逆に頭がぼーっとしたり、過ぎてしまった時間を振り返ると絶望がいや増すので注意が必要だと思います!

次に、『姿勢』です!
お昼寝の際は、布団などに横になって寝ないほうが良いみたいです。
(写真ではバッチリ横たわってるけどいつもは椅子に座って机に突っ伏す形で寝ています!!)
わざと寝づらい姿勢で寝ることによって寝すぎを防ぐ効果があるそう!
ただ、寝づらい姿勢と言ってもあんまり変な姿勢で寝ると腕がしびれたり痛くなったり、起きた後の勉強に響くので気をつけましょう!
さらにクッションや抱き枕をうまく活用するのもオススメです!是非!!
いかがでしたか?
少しでも参考になったり面白いと思って頂けたら嬉しいです!!♡
夏も終わって、今まで以上に受験勉強も本格的になってくると思います。
季節の変わり目で体調も崩しやすい時期ですし、うまく気持ちのオンオフを使い分けて疲れを溜め込まないように気をつけて頑張りましょう!!!イエーーイ!!!
高校生編集部・大谷悠
【高校生編集部・大谷悠】
Twitter
Instagram