2015 07/25 8:00
社会に出たら役立ちそうなバイト経験はこれだ!
ニュニュモデル:加藤あおい
自分の時間に合わせてお金を稼ぎながら、社会経験も積むことができる。それがバイトのいいところですよね。それに「せっかくなら将来のためになること!」と、そこで得られるスキルをバイト選びの基準にしている高校生も多いみたい。今回はそんなしっかり者な高校生の意見をご紹介します!
1 飲食店の接客
対人スキルを伸ばすなら、「飲食店の接客」が効果的!?
お客様への対応が上司の人との対応につがなるから。
(かずやっち・県立I高校2年)
人とのコミュニケーション能力が上達するから。
(渡邊磨生・私立KM高校2年)
次々にお客さんが入れ替わる飲食店のバイトは、接客の基本があるとはいえ、いろんなタイプの人と接する仕事。臨機応変な対応が身についたり、言葉遣いが正しくなったりと、社会に出ていく上での基礎が学べること間違いなし! 
2 オフィス事務
いち早く社会慣れしたいなら「オフィス事務」!
実践的なビジネススキルを身につけたいなら、まず間違いないのがオフィス事務。実際のオフィスで働くだけに、ビジネスマナーが自然に身についたり、ワードやエクセルなどビジネスソフトの操作法を習得することもできるので、就職にも役立つはず!
3 アパレル店の接客
気になるアパレルだからこそのメリットとは?
接客がうまくなりそう。人と関わる職業についていた方が将来役立ちそうだと思うから。飲食よりもアパレルのほうが接客してそう!
(ちゃい・私立白鵬女子高校2年)
将来の夢がアパレルにつきたいと思ったので、直接の経験になりそうだから。
(MINERARU・私立A高校1年)
同じ接客業ながら、飲食店よりも、一人ひとりのお客さんとの会話が多いアパレル店。瞬時に相手がどんなものを求めているのかを理解して、それに対して提案する力がメキメキ鍛えられるので、将来的にどんな仕事に就いても役立つはず!
普段何気なく受けている接客やサービスも、いざ自分が働く立場になるとその大変さがわかるもの。働く相手を思いやって優しくできるようになるのも、社会に出る前にバイトを経験するメリットなのかもしれません!