2015 07/28 8:00
男子ドン引き?!女子に使ってほしくない言葉ワースト3
ニュニュモデル:北澤優駿
気の知れた女友達との会話はついつい、くだけた言葉遣いになりがち。だけど、何気なく使っているそんな言葉のなかに、男子的NGワードが潜んでいるかも!? 今回は、男子が引いてしまう女子の言葉遣い上位3つをご紹介。口癖になっていないか確認しましょう!
1 クソ
その意味からして汚い言葉の代表格!
汚い言葉は基本的に×。
(コペン・国立T高校1年)
さすがに下品。女の子が使う言葉じゃないと思う。
(かいせー・県立茅ヶ崎高校1年)
そんなお下品な言葉…と人ごとだと思っている女子。友達と盛り上がっているうちに「今日クソ暑いよね」「あれクソつまんない!」とか無意識で言っていませんか? いくら意味は「すごく」でも、やっぱりイメージは良くないのでこれを機に封印しましょう。
2 ウザい
言えば言うほど性格が悪く見える!?
思っていてもいいけど、口に出して人を貶すのは引く!
(楓矢・県立Y高校2年)
「ウザい」って言葉を口に出すことがウザいと思ってしまう。
(まさ・私立K高校2年)
「ウザい」の元の言葉は、鬱陶しい、面倒くさい、邪魔といった意味を持つ「うざったい」。こんな言葉をしょっちゅう使っていたら、性格が悪く見えてしまうのは当然! 例え笑いながらでも何気なく口にした「ウゼ〜」を、男子は聞き逃していないようです。
3 ウケる
真顔の「ウケる」に男子も困惑!?
チャラチャラした軽そうなイメージがあるから。
(こう・県立茅ヶ崎高校1年)
あんまりいいイメージがないから彼女には絶対使ってほしくない。
(ブンブン・県立茅ヶ崎高校1年)
とにかく「ギャルっぽくてチャラい!」とNGが殺到したこの言葉。特に「ウケる〜」と言いながら全く笑っていないその姿に、「結局どっちなの?」と困惑する男子も多いみたい。「ウケる」よりも、素直な明るい笑い声の方が、いい印象を与えられること間違いなし!
せっかく容姿が良くて、オシャレでも、その人の内面を表す言葉遣いが汚いと、一気にイメージダウンしてしまうもの。雑な言葉遣いに慣れていると、気になる男子と話せる大事な場面でもポロッと使ってしまうかも!? 内面を磨きたい女子は、まずは言葉美人を目指しましょう。